カトリック布池教会

新着情報


 2020/11/22   待降節から元旦にかけてのミサ等のご案内
 2020/11/22   主日ミサのお知らせ(11/29〜
 2020/11/03   主日ミサのお知らせ(11/8〜
 2020/09/18   主日ミサのお知らせ(9/20〜
 2020/08/30   9/5より主日のミサを再開します
 2020/08/06   愛知県の緊急事態宣言を受け今後のミサについて


待降節から元旦にかけてのミサ等のご案内


♰主の平和
   感染防止のため、今年のクリスマス、新年の典礼は以下のようになります。

12月24日(降誕前夜際)
 16:00  18:00  20:00  22:00

*18:00 20:00は司教司式
★24:00はありません
*ミサ前のキャロルは行いません

12月25日(主の降誕)
 7:00  10:30  18:00(英語ミサ)

12月27日(聖家族)通常通り

1月1日(神の母聖マリアの祭日・世界平和の日)
 7:00 10:00(★0:00はありません)

*各ミサの定員は160人です。18:00、20:00のミサでは整理券を配布します。
 整理券のない方は入堂できません。
*高齢の方、日曜学校の生徒は極力「密」を避けて25日に参加されることをお勧めします。
*入堂時に検温をお願いします。
*マスクの着用及び、体調の優れない場合の参加の見合わせをお願いします。
*24日のゆるしの秘跡はありません。24日より前にお受けください。

*下記の行事は中止です
 Novena Mass・四者クリスマス会・洗礼志願式・入信式・24日の祝賀会
 新年の集い(新成人のスピーチのみ行う予定です)


Information on Masses and other events between Advent and New Year


Following precautionary measures, 2020 Christmas and New Year’s Masses’ schedule is
as follows:

December 24 th (Christmas Eve)
  16:00  18:00  20:00  22:00

18:00 Mass and 20:00 Mass are celebrated by Rev. Bishop Matsuura.
24:00 Mass will not be celebrated this year.
No carol singing before Masses

December 25 th (Christmas Day)
  7:00  10:30  18:00(in English)

December 27 th (Feast of the Holy Family)
As usual

January 1 st (Solemnity of the Motherhood of Mary Word Peace Day)
  7:00 10:00

0:00 Mass will not be celebrated.

We have to limit the number of people for each Mass up to 160. For the Masses at 18:00
and 20:00, only those who have numbered tickets can enter the Church.

*For the elderly and Sunday school students, it is recommended to attend Christmas Mass
on the 25 th in order to avoid the “Three C’s (Closed spaces, Crowded places, Close-
contact setting)”.

*Before you enter the Church, you are asked to stop by for a temperature
measuring at the entrance.

*Please refrain from joining the Mass if you do not wear masks or if you do not feel well.

*No Confessions will be heard on the 24 th .
The following events are cancelled:
Novena Mass, Christmas celebration for children, Rite of catechumen and Baptism during
the Mass, Celebration for Christmas on the 24 th and Celebration for New Year


ミサ時間のお知らせ


緊急事態宣言により8月末まで中止としましたが、
9月5日(土)より再開します。

◎ミサの時間
土曜日 18:30
日曜日  7:00
     9:00(東、千種、北地区)
    10:30(その他の地区と日曜学校)
    18:00

●ミサの人数制限が緩和されます
6月より1回のミサで80人までとしていましたが、
倍の160人となります。
引き続きマークのあるところにお座りください。
(満席になると ご入堂いただけませんのでご了承ください。)

●日曜日夕方18時のミサを再開します
9時、10時半とルールは変わりません。
その他のミサの時間と地区配分に変更はありません。
従来通りミサを受けられる時間は所属地区で下記の通りです。
9:00 東・千種・北地区
10:30 その他の地区・日曜学校とその保護者
☆日曜学校は9:30より始まります。

●マスクの着用と使用後の聖堂の消毒は引き続きお願いします。

信者会館の使用について

●信者会館の部屋利用を再開します
地区会・委員会・グループでご利用ください。
その際には、換気と人との距離を開けるようご配慮ください。

●使用の際の消毒について
部屋の使用の際には、事務所横に用意してある消毒液と
ペーパーをお持ちいただき、使用後の消毒をお願いします。
消毒後は必ず液とペーパーを元の場所にお戻しください。
また、消毒後のペーパーは各自お持ち帰りください。

●引き続き飲食は禁止とします

Reopening for Sunday Masses
Nunoike Catholic Church is reopening Masses from Saturday, September 5.
As precautionary measures,
- there is a limitation on admissions to the cathedral
A maximum of up to 160 attendants for each Mass
-the following persons are requested to refrain from coming to Church.
persons not wearing masks
persons not feeling well
- disinfection after the Mass
Saturday Mass 18:30
Sunday Masses 7:00
9:00 (Higashi, Chikusa and Kita- chiku)
10:30 ( other areas and Sunday school )
18:30

●The Sunday Masses in the morning will not change
the Sunday School students.
Every mass has 160 Parishioners only.

●Churchgoers must wear their mask at all times.
Please the disinfect Cathedral after use.

●The reuse of the Rectory Hall room.
Please use it the distrid and committee groups.
In that case, Please consider in keeping ventilation and
distance from people.

●Disinfection before and after using the room.
Please bring the disinfectant (liquid solution and vapor)prepared
in the office and be sure to return it to the original place after disinfection.


主日のミサのお知らせ


12月13日(待降節第3主日)炊き出し支援募金・宣教地召命促進の日献金・建設修繕積
立献金

* ミサ中の共同祈願は天白地区担当。

* 信者会館の清掃は名東地区担当。

* 合同清掃。
* 日曜学校(1~3号室)

*初聖体クラス(2F司祭室2号)

<18:00のミサは英語ミサです>

 

12月6日(待降節第2主日)宣教地召命促進の日献金・一粒会の日献金・建設修繕積立献金

* ミサ中の共同祈願は名東地区担当。

* 信者会館の清掃は千種地区担当。

* 布池だより12・1月号発行。

* 日曜学校(1~3号室) * 初聖体クラス(2F司祭室2号)

* 名東、北地区(小聖堂)  * 千種地区(4号室)

* 天白地区(5号室)  * 東春地区(和室・西)

* 中・港南地区(和室・東)

* 西・尾西、東地区(コムニタスホール)

<18:00のミサはタガログ語ミサです>

 

12月4日(初金曜日)

* ミサの時間 ☞ 7:00、18:30(小聖堂)

 

11月29日(待降節第1主日)建設修繕積立献金

* ミサ中の共同祈願は千種地区担当。

* 信者会館の清掃は東春地区担当。

* 日曜学校(1~3号室)

*初聖体クラス(2F司祭室2号)

<18:00のミサはタガログ語ミサです>

 

 

 

 

 

 

 

INFORMATION 2020(Core Record)

 

December 6th(2nd Sunday of Advent)

Donations for Mission Vocation Promotion Day, for Ichiryu-kai and for the foundation of new church and repairs of the church facilities

*Meito-chiku in charge of prayers for General Intercessions

*Chikusa-chiku in charge of the cleaning of the Rectory

*December&January issue of the Nunoike Catholic Church News 

*Sunday school (Rooms 1, 2 and 3)

*Sunday school for the first communion class (Priest Room 2) 

*Chiku-kai meetings: Meito-chiku and Kita-chiku (Chapel)

 Chikusa-chiku (Room 4)

Tempaku-chiku  (Room 5)

 Toshun-chiku (Japanese Room west)

 Naka&Konan-chiku(Japanese Room east)

 Nishi & Bisai-chiku and Higashi-chiku (Communitas Hall)   

 

December 4th(First Friday)

*Masses at 7:00, 10:00, 18:30 (Chapel)

 

November 29th(1st Sunday of Advent) 

Donations for repairs of the church facilities

*Chikusa-chiku in charge of prayers for General Intercessions

*Toshun-chiku in charge of the cleaning of the Rectory

*Sunday school (Rooms 1, 2 and 3)

*Sunday school for the first communion class (Priest Room 2) 

<18:00 Mass in Tagalog >

 

 

布池だより 2020年 11月号 巻頭言

 

The Story of My Roses
Fr.Junior Perezperalta
Two potted rose plants were placed in my garden summer of last year by a volunteer.It bloomed beautiful roses for a while. Some few months after, I decided to transplantthe roses from the pots to the ground. It has adopted quite good for quite sometime and it  continued blooming gorgeous roses. I cut some branches from one, and planted it in a new pot.Soon after, the transplanted rose plants started to wither, even if I have watered it every day. Sadly, one day they just completely dried out.The branch that I planted in the new pot, fortunately, grew healthy leaves and bloomed sakura like colored roses.Our lives, amidst the corona pandemic, seems to wither fast. And at times
may die like thosetransplanted flowers. But hopefully with the eyes of faith, trusting in a God who never leaves us,we journey on and one day bloom roses of deeper wisdom, faith, hope, and love.  Like the branch that I cut off from the main branch, probably these times call us to cutting offportions of our way of life that leads to withering and death of our spiritual lives.By doing so we may have new life in Christ. May we persevere in faith in God as we move forward.

 

日本語訳

The Story of My Roses

昨年の夏、一人のボランティアの方が私の庭にバラの鉢植えを2つ置いてくださった。
しばらくの間、美しいバラの花が咲いていた。数か月後、私はそのバラを植木鉢から土に植えかえようと決めた。植え替えがうまくいったのか、素晴らしいバラの花が咲き続けた。私は何本かの枝を切って新しい植木鉢に植えた。ところが、毎日かかさず水遣りをしたにもかかわらず、植え替えたバラは枯れ始めたのだ。悲しいことに、ある日すべてのバラが枯れてしまった。幸い、新しい植木鉢に植えた枝は生き生きした葉をつけて桜色のバラの花が咲いた。新型コロナウィルス感染が広がるなか、私達の命も急速に衰え、植え替えられた花のように命尽きることもあるのかもしれない。しかし、信仰の目を持ちいつも私達と共にいてくださる神様を信頼して私達の旅を続けよう。そして、いつの日か深い知恵と信仰、希望、愛というバラの花が咲くだろう。私が切ったバラの枝のように、今このときは、私達の精神生活がそこなわれていくような生き方から自分たちを切り離すときなのかもしれない。そうすることによって、私達はキリストにおいて新たな命をいただくことができるのかもしれない。前へと進むなかで神への信仰において努力していくことができますように。         アンヘル・ペラルタ・ジュニア  神父

 

グループのお知らせ


  日本ボーイスカウト愛知連盟名古屋第64団ホームページはこちら

  各グループでお知らせ等ございましたら広報(田原)までお尋ねください。