カトリック布池教会

新着情報


 2018/07/08   年間第14主日        7/15〜のお知らせを記載しました。
 2018/07/01   年間第13主日        7/6〜のお知らせを記載しました。
 2018/06/24   洗礼者聖ヨハネの誕生     6/29〜のお知らせを記載しました。
 2018/06/17   年間第11主日        6/24〜のお知らせを記載しました。
 2018/06/10   年間第10主日        6/17〜のお知らせを記載しました。
 2018/06/03   キリストの聖体        6/10〜のお知らせを記載しました。

ミサのお知らせ


2018年7月15日   年間第15主日  愛の献金・建設修繕積立献金

※ミサの共同祈願は東地区担当。

※信者会館の清掃は天白地区担当。

 

<9:30のミサは終了後>

※日曜学校(14〜サマーキャンプ)

※運営委員会(4・5号室)

<18:00のミサは日本語ミサです。>

 

 

布池だより 2018年 6月号 巻頭言

 

イエズス様の引越し、私の引越し

ミカエル マリア ヨゼフ 平澤忠雄

 イエズス様の天国への引越しがあってそのあと、弟子達の上に聖霊が注がれて教会の誕生となったってことは皆様よく御存知の通りですよね。
所で私の布池教会への引越しは、1月の終わりの週頃、松浦司教様ご自身で車で守山教会にお見えになって、狩浦神父様が仙台教区の教会に行かれ、神言会の司祭も司祭館に留められず、日曜毎に通って来られることになり、「是非とも、平澤神父さんに「布池」に来ても貰わねばなりません。」とのことでした。
私はマリア様の様に「はいそうですか、まいります」と軽く返事をしたものの「大変なことになったなぁ!」とすぐに思いました。
思えば1963年に福井教会で松岡孫四郎司教様から司祭に叙階されて、布池教会に7年、司教館に20年、福井の大野に10年、春日井の高蔵寺に13年、そして守山に6年という経緯を巡って来たのでした。
今年は私にとって結婚の記念で言うと叙階55年(6月9日)はエメラルド・ジュビリーと言うそうです。あと5年経過したらダイヤモンド祝とゆうことですが、そこまで布池で長生きできるかな?「田舎司祭の日記」の作者ベルナクスなら、「そんなことはどうでもいい、すべては恩寵だ」と言われるそうです。
私としては、とにかく何とか主任平田神父様の迷助任としてボツボツ毎日を丁寧に大事に過ごそうと思っています。
老い先短いと思いますので、日々の祈りをカンヅメにして、慎重に大切に時間を使おうと思っています。

布池教会の皆様、お手柔らかにお願い致します。
「布池教会だより」の前号の「テーマ」に一影響され過ぎた文章になりました。
あしからず。

 

グループのお知らせ


  日本ボーイスカウト愛知連盟名古屋第64団ホームページはこちら

  各グループでお知らせ等ございましたら広報(田原)までお尋ねください。