カトリック布池教会

新着情報

 2016/05/22   三位一体の主日  05/29〜のお知らせを記載しました。
 2016/05/15   聖霊降臨の主日  05/22〜のお知らせを記載しました。
 2016/05/08   主の昇天     05/15〜のお知らせを記載しました。
 2016/05/02   復活節第6主日  05/06〜のお知らせを記載しました。
 2016/04/24   復活節第5主日  05/01〜のお知らせを記載しました。
 2016/04/10   復活節第4主日  04/24〜のお知らせを記載しました。
 2016/04/10   復活節第3主日  04/17〜のお知らせを記載しました。
 2016/04/03   復活節第2主日  04/10〜のお知らせを記載しました。
 

グループのお知らせ


  日本ボーイスカウト愛知連盟名古屋第64団ホームページはこちら

  各グループでお知らせ等ございましたら広報(田原)までお尋ねください。

初聖体の受付をおこなっております


 来年2017年6月18日キリストの聖体に初聖体拝領を希望される方は、
 教会事務所にお申し込みください。
 対象:小学2年生以上で洗礼を受け、まだ初聖体を受けていない信徒。
 締切は6月5日までです。

ミサのお知らせ


2016年5月29日   キリストの聖体 熊本地震救援募金・建設修繕積立献金

※ミサ中の共同祈願は千種地区担当。

※信者会館の清掃は西・尾西地区担当。

<9:30のミサ終了後>

※日曜学校(1~3号室)

※整備委員会(5号室)

※中高生歓迎会(和室西・東)

※コーヒーサービス(コムニタスホール)

<18:00のミサはタガログ語ミサです>

 

INFORMATION 2016(Core Record)

 

May 29, Solemnity of the Body and Blood of Christ

* The contribution to the relief of the victims of Kumamoto Earthquake, and

the reserve funds for the preservation of the church facilities

- The prayer of the Faithful in the 9:30a.m.Mass (Chikusa-chiku)

- Rectory cleaning (Nishi/Bisai-chiku)

- <After the 9:30a.m.Mass>

- Sunday school (Rooms 1, 2 and 3)

- Committee meeting for the church maintenance (Room 5)

- Welcome party for the junior and senior high school students’ society

(Japanese-style room)

- Coffee shop (Communitas Hall)

- The 6 o’ clock Mass in the evening (in Pilipino)

 

* For those who want to receive the sacrament of First Communion on June 18,

Body and Blood of Christ, 2017, please make an application for getting the

sacrament to the church office. Candidates must be the Catholics who have

not received the Sacrament of First Communion and a second-year pupil of

elementary school or over. The deadline for the application is June 5, 2016.

* For those who have ordered the commemorative photo for Easter, please

receive your picture after confirming it as yours at the church office window.

 

布池だより 2016年 5月号 巻頭言

 

​ 時のしるしを見きわめて

ヨハネ・ボスコ 由井滋

桜が散ったかと思ったら、教会の庭にも花が咲き、春を思わせる季節となりました。しかし、東日本大震災からの復興を祈る間に、突然九州・熊本の地震が続いており、ニュースを見ながら心を痛めています。日本には幾つもの断層があり、30年以内に東南海地震が起こると予想されています。私達は大自然に対する恩恵の念がうすれ、人間の力で征服できるかのように錯覚しているように思えてなりません。
 昔から山に登れば神性さを感じ、山頂に祠(ほこら)を建て、手を合わせ、春夏秋冬、自然の恵みを願い、感謝する祭りを大切にしてきました。自然との直接の触れ合いがなくなったからでしょうか。神が造られたことを忘れないようにしたいものです。
 さて、5月26.27日と伊勢志摩サミット(大国である中国、ロシアを除く、第42回先進国首脳、欧州連合から代表2名)が世界の経済のあり方や環境問題を話し合う)が行われようです。その前後に、大臣級の会議も行われますが、毎回世界中の反戦平和や環境保護を求める市民、貧困をなくすための運動を行っている人びとから激しい反対の声が上がっているのが現状のようです。意見を反映できるのは招待された多国籍企業経営者などだけのようです。又、7月には国のかたちを変える憲法改変に向けた国政選挙が行われることになっています。私達教会が世界や日本の動きを見きわめ、キリストが望まれる世界、日本となるように祈り、行動することができますように。

東日本大震災被災者のための祈り


あわれみ深い神さま、あなたはどんな時にも私たちから離れることなく、
喜びや悲しみを共にして下さいます。
東日本大震災によって苦しむ人々のためにあなたの助けと励ましを与えて下さい。
私たちもその人たちのために犠牲をささげ、祈り続けます。
そして、一日も早く、安心して暮らせる日が来ますように。
また、この震災で亡くなられたすべての人々が
あなたのもとで安らかに憩うことができますように。