カトリック布池教会

新着情報


 2017/12/10   待降節第2主日        12/17〜のお知らせを記載しました。
 2017/12/03   待降節第1主日        12/10〜のお知らせを記載しました。
 2017/11/29   王であるキリスト       12/3〜のお知らせを記載しました。
 2017/11/19   年間第33主日        11/26〜のお知らせを記載しました。
 2017/11/12   年間第32主日        11/19〜のお知らせを記載しました。
 2017/11/10   年間第31主日        11/12〜のお知らせを記載しました。

待降節から元旦にかけてのミサと各種行事のご案内


12月3日 (待降節第1主日)
 ☆9:30のミサの中で洗礼志願式
12月10日(待降節第2主日)
12月17日(待降節第3主日)
 ☆平田・竹谷神父様共同ミサ(炊き出し支援募金日)
 ☆日曜学校・中高生・ボーイスカウト・ガールスカウト合同クリスマス会
12月24日(待降節第4主日・降誕祭前夜)
 ☆主日のミサ 23日(土)18:30
        24日(日) 7:00、9:30(18:00のミサはありません)
 ☆洗礼入信式 18:30
 ☆夜半ミサ  20:00(司教司式)、22:00、24:00
12月25日(月)(主の降誕 祭日)
 ☆早朝ミサ  7:00
 ☆日中のミサ 9:30、18:00(英語)
12月31日(聖家族)
1月1日(月)(神の母聖マリアの祭日・世界平和の日)
 ☆ミサ  0:00、10:00
 ※18:00のミサはありません

ミサのお知らせ


2017年12月17日   待降節第3主日 炊き出し支援募金・建設修繕積立献金

※9:30のミサは平田・竹谷神父様共同ミサ

※ミサ中の共同祈願は東地区担当

※信者会館の清掃は中・港南地区担当

※合同清掃

<9:30のミサ終了後>

※日曜学校・中高年会・ボーイスカウト・ガールスカウト合同クリスマス会(地下ホール)

※運営委員会(4・5号室)

<18:00のミサは日本語ミサです。>

 

布池だより 2017年 11月号 巻頭言

 

メメント モリ(死を覚えよ)

アウグスティヌス 太田 実

二〇一五年まで金城学院学院長を務められたホスピス医の柏木哲夫先生の講演を聴く機会がありましたので、ご紹介したいと思います。

生の延長上に死があるのではなく、わたしたちは日々死を背負って生きている

元気なときにはわたしたちはなんとなく生の延長上に死があると思いこんでいます。しかし、わたしたちの生は実にもろいものでありまして、いつ生が死に裏返るか誰にも予測はつかないのです。生と死は一枚の紙の表と裏と言うことができます。日本人は年間に九〇万人ほど死亡しますが、そのうちガンで死ぬのは三分の一の割合です。つまり、三人の人がいれば一人はガンでなくなると言うことなのです。しかもガンにかかるのは、ちょうど定年のころ、やっと人生に一段落がつき、これから余生を謳歌しようとした矢先のことが多いのです。これをわたしは「ヤサキ」症候群と呼んでいます。すべきことや、したいことを先延ばしにすると、この「ヤサキ」症候群に陥る危険があります。

人は生きてきたように死んでいく

末期ガンということになりますと、それまで生きてきたその人の人生が凝縮した形で現れてきます。感謝して生きてきたかたは感謝のうちに、不満・不平ばかりを漏らしてきたかたはそのようになくなっていくのです。逆に言えば人は生きてきたようにしか死ねないと言う

のが正しいのです。もちろんこれは事故死や突然死と言ったことをのぞきます。

魂の平安と再会の希望

人はさまざまなものを身にまとって生きています。まとうものは単に衣服にとどまりません。地位や名誉といったものもまとって生きるのが人間です。しかし、ガンの末期にはまとったすべてのものがはげ落ち、いわば魂が剥き出し状態になります。患者さんは和解に失敗すると、激しい魂の痛みを感じます。こうした意味でも魂の平安を得ることが望ましいわけですが、そこには再会の希望というものもあるのだと思います。いずれまたお会いするのだという希望がある場合と、死後どうなるか分からない不安の中にいる人とでは全く様子が異なります。わたしがお見送りをしたあるおばあさんは、その最期に、「行ってきます。先生もまた来てくださいね」といって召されました。思わずそのときわたしは「はい、後から参ります」とお答えしましたが、患者さんを看とるものの姿勢はこれに尽きると思っております。

「わたしは復活であり、いのちである。

わたしを信じる者は、死んでも生きる。」

(ヨハネ一一・二五)

グループのお知らせ


  日本ボーイスカウト愛知連盟名古屋第64団ホームページはこちら

  各グループでお知らせ等ございましたら広報(田原)までお尋ねください。