任意の名称を入力してください

日曜学校

子どもたちの発達段階や、環境を考慮に入れながら、キリスト教信仰の基本的なことを理解し、体験させることを目指しています。 ・幼児クラス(学齢前) ・小学校低学年クラス(初聖体の準備もします) ・小学校高学年クラス 現在は上記のように分かれ、それぞれのリーダーのもとで学んでいます。 集会日/毎週日曜日 9:30 ミサ後 場 所/信者会館3F 1. 2. 3号室

中高生会

毎月第4日曜日にコーヒーサービスを中心に活動しています。 また、バザーやクリスマスの奉仕やお泊まり会で親交を深めています。 例会日時/第4週日曜日 9:00

侍者会

侍者会は、ミサ中の奉仕は当然のことながら、ミサの前後の準備、後片付けなど、ミサを通じて教会奉仕者の一人として活躍しています。布池教会では、初聖体を受けた子どもからはじめ、現在は小中高生の男子約10名が奉仕しています。他の小教区と違い司教ミサが多いため、司教のミトラ、バクルスに触れたり、香炉やフネを扱うのでみんな楽しみにしています。香部屋では司祭達との会話もはずみ、いい勉強になっています。

日本ボーイスカウト愛知連盟名古屋第64団

研修を受けた上で実績をつんだ指導者のもとで、ボーイスカウトの教育規定に基づき、各年齢に応じた訓育をしております。キャンプや野外活動を通じて規律や奉仕の精神を学び、遊びの中から技術と教養を高め自己の成長に役立てております。 例会日時/月2~3回 日曜日 10:00~12:00 場 所/地下ホール

ガール・スカウト日本連盟愛知41団

活動ポイント「自然と共に」「人との交わり」「自己開発」を目ざし、健康で社会に役立ち、人に尽すことができる少女になれるよう活動しています。毎月第1日曜日の子供ミサにあずかり、日頃の自分の生活を反省すると共に、宗教心にふれることにより、私達の幸せ、世界の人々の幸せを考えるよい機会となっています。 例会日時/月1~2回 日曜日 場 所/地下ホール

青年会

教会内外の青年層が中心となって、日曜学校、中高生会、バザーのなどのサポート、及び子どもミサの指導など、多方面で青年の出来る活動を工夫して取り組んでいる。活動日は不定期で有志による発想、企画を中心にしている。

聖堂・信者会館整備委員会

教会の年中行事の中で、合同清掃(月1回)と大掃除(年1度)を行う場合の企画準備し、皆様が参加しやすいよう努めております。また、トイレ掃除の当番や管理、厨房の管理、清掃のために必要な道具の準備、管理など、教会を整備していく活動をしています。

社会福祉委員会

・布池教会の窓口として、名古屋教区の社会福祉委員会に関わりのある各行事の案内と出来るだけ参加しての報告。 ・教区社会福祉委員会に関わりのある事項及び行事 ボランティアネットワーク活動 「今、私たちができること!」 障がい者の集い(毎年7月第3日曜日) 障がい者の黙想会(毎年1回) 四旬節・クリスマス・緊急災害などの各種募金

布池・主税町共助会

共助会とは布池教会及び主税町教会に所属する信者、求道者をコモンボンド(共通の絆)とします。私たちは福音宣教の精神を日常生活に生かすために、物心両面でそれぞれ努力し、かつ共に助け合うことを目的とします。会員は自らの意志によって生活のゆとりの中から可能な範囲の資金を拠託します。資金は会員の生活、文化向上のために相互利用されます。共助会役員は毎月第3主日8:30から1時間役員会を開催し、日常業務上の問題等について討議し、思想と思索の統一を図っています。また「通信教育」という形で中部・京都の仲間達と一緒にお互いの学習を重ね、福音宣教の中での活動とは、ということを確かめ合っています。

聖歌隊

現在、約20人がメンバーになって聖歌をささげています。 毎週日曜日9:00から15分と、9:30ミサ後から12:00頃まで楽廊にて練習を重ねています。歌うだけではなく、毎月の聖歌表も月当番を決めて作り、毎月その聖歌表の検討会もします。また月に一度、昼食をはさんで午後2時までの「大練習」をして、がんばっています。

一粒会

司祭召命と育成のための後援会です。会員の務めは、毎日1回「主の祈り」を祈り、毎月1口以上(1口100円)の会費を納めることです。集まった会費は、神学生を育成する名古屋教区と同教区内の修道会に献金しています。一人でも多くの方にご協力いただくために、会の説明や会員の募集を行っています。 また、「一粒会の集い」を東海地区と北陸地区で、それぞれ毎年1回開催し、毎回異なった神父様の召命に関する講演会と、司教様によるミサを行っています。

ペトロ会

定例会では、教会の秘跡の中で会話を楽しみ、自己開発・霊的向上などそれぞれの個性を生かすことのできるグループとなることを目的とし、私たちの出来ることから実践していきます。 例会日時/基本的に年6回 第2日曜日 11:00~ 対 象/布池教会所属の男性

布池日曜マリア会

月1回、ミサ後、マリア様の聖心にそって、ロザリオの祈りを心をひとつにして祈ります。 例会日時/毎月第2日曜日 11:00~12:30 場 所/布池信者会館2階研究室又は小聖堂

火曜マリア会

会の始まりはロザリオの祈り。一環唱えて心を落ち着かせます。 その後、神父様の講話、又はビデオに依るプレゼンテーションを基に話し合いを持ちます。 例会日時/毎月第2火曜日 10:00~12:00 場 所/布池信者会館3階5号室

キリストと祈ろう会

主日のミサで朗読される“聖書と典礼”の中の福音書を題材に、イエスさまのみことばを味わい、分かち合いながら自分なりの祈りを成長させて深めます。 例会日時/毎週木曜日 17:30~19:00 場 所/信者会館3階5号室

みことばのわかち合い

毎週発行される“聖書と典礼”(ミサ用)を朗読した後、心にひびくみことばを語り合って味わい、みことばが暮らしの中に生かされ励みになることを願い、主日のミサの朗読内容を深めています。 例会日時/水曜日 14:00~16:30 場 所/コムニタスホール

福信館 炊き出し活動

福信館が野宿生活を余儀なくされているホームレスの人々に自立支援を行う炊き出し参加活動です。 活動内容/木曜日 食材刻みなど下準備 金曜日 食器洗いなど後片付け 布池教会担当日 月に1〜2回程度 10:00~12:00 その他、炊き出し資金集めのバザーに協力しています。

ふとん干し奉仕グループ

和室の押し入れの中のふとん類を天気の良い日に日干しする奉仕作業です。通夜や合宿など教会内に気持ちよく寝泊まりしていただくためにはじまりました。現在1グループ4人で干す人・取り入れる人に分かれ、月に一度行っています。

訪問グループ

訪問グループは、毎月第4土曜日の13:00〜15:00まで5号室で、指導司祭のもとに集会を行っています。 内容は、病者のためのロザリオの祈り、霊的読書、分かち合いの後、各自、訪問した方々の近況を報告し、次回の訪問日程を決めること等です。

 祭壇奉仕グループ

祭壇奉仕グループは、☆祭壇(香部屋含)の掃除 ☆祭壇生花 ☆祭具の洗濯の、3つのセクションに分かれています。主日のミサのために、掃除部は12組(1~2名組で18名)で、お花部は4組(6名)で、祭具洗濯部は14名で毎週1度それぞれローテーションに従って奉仕を行っています。

G・B・Yグループ

G・B・Yとは、God Bless Youの頭文字です。クリスマス・ミサに、ご出席いただいた一般者対象のアンケートでの、「資料を希望する」 という方々へ毎月1回、心のともしび、みことばカード、布池だより(第1面のみ)、トラクト、チラシ等を、送付しているグループです。

国際親善委員会

主として和文→英文翻訳を通じて当教会に関わる外国人との交流および情報活動に協力する。 なお、外国の方々との実際的な交流・親善の場は97年度に地区会に移されたことを付記します。

ともしびグループ

毎月第2日曜日9:30ミサ後にコーヒーサービスを行っています。ミサが終わったあと、ゆっくりと話し合っていただくために、また会議や集まりなどにもご利用いただくために、心を込めてコーヒーをいれています。 活動日/毎月第2日曜日 9:30 ミサ後

ラルシュ・かなの家

ラルシュ・かなの家は知的ハンディを持った人と共に生きることを目指し、家族として兄弟姉妹となって生活している所です。生活を支えるために、環境を考えた自然にやさしい石けん類、身体に良い自然の味噌作りを主にしています。 “私達に出来ることは、石けんを買うことです”一番身近に使う水を大切に考えた石けんを使う協力を求めます。信者会館に常備し、いつでもお求めいただけるようにしてあります。

葬祭奉仕グループ

キリスト者にとって、死はこの世から永遠の命へ移ること(過越)です。 その死は、ある日、突然に訪れます。 それに関わる奉仕(受付、お茶の準備等)は、その時の諸事情により様々です。でも何よりも大切なことは、キリスト者の共同体として、ご遺族の方と共に悲しみを分かち合い、祈り、葬儀に参列することです。そのことは、また、キリストのからだに結ばれている私たち自身の復活信仰を、新たにするときでもあります。

ポップ&アート

手に筆をとり、みことばを描くグループです。マリア様の横の掲示板に作品提示しています。毎月2回第1・3土曜日 信者会館で活動しています。

あった会

月に一度、聖書を読み、神父のお話を聞き、分かち合いを行うグループとして発足しました。洗礼を受けたばかりの方や、教会内に知り合いのいない方が早くなじんでもらえるようにはじめられました。他の有志の方々とぜんざいサービスやソーメンサービスのお手伝いをしたり、コーヒーサービスをしてまいりました。現在はメンバーも少なくなり、活動は月に一度のコーヒーサービスのみとなりました。教会に来られる皆様の憩いのひとときを提供したいと心を込めてコーヒーをいれています。 活動日/毎月第3日曜日 9:30ミサ後

NFCC

少しずつ人数が増えてきたフィリピン人を、カノッサ会Sr.ビクトリアがお世話してくださっていた頃から小さな会が始まりました。ジュン神父が来られて、英語やタガログ語のミサをしてくださってだんだん人が集まるようになりました。フリッツ神父が来られてから正式にNFCCとして発足しました。現在は年1回、会長、副会長、その他役員を選び、運営する形になっています。活動は主に英語やタガログ語のミサの準備、9時30分ミサの英語のお知らせをすること。クリスマスには信者会館の馬小屋の飾り付けを担当。クリスマスキャロルを皆様の前で披露することは恒例になりました。メンバーは入れ替わりが激しく定着する人は少ないのが難しいところですが、フィリピンの人たちが布池教会の中でなじんで、一緒に活動できるようがんばっています。

手話サークル

・手話は、聴覚障がい者が使うことばです。 ・手話を学び、聴覚障がい者への理解を深め、また教会内外の人々にも理解を広めていきます。 ・布池教会での祭日のミサ−−クリスマス夜半ミサ、復活徹夜祭、聖霊降臨−−などに手話通訳を付けるよう務め、練習に励んでいきます。 開催日/毎月第4日曜日 9:30ミサ後〜12:00まで 場 所/信者会館3階 5号室