任意の名称を入力してください

2018年5月20日   聖霊降臨の主日  愛の献金・建設修繕積立献金

※ミサ中の共同祈願は西・尾西地区担当。

※信者会館の清掃は天白地区担当。

 

<9:30のミサは終了後>

※祝賀会・平澤神父様歓迎会(コムニタスホール)

※運営委員会(祝賀会終了後 4・5号室)

※城北ブロック合同堅信式

カトリック五反城教会 9:00〜

<18:00のミサは日本語ミサです。>

 

 

2018年5月13日   主の昇天  世界広報の日献金・建設修繕積立献金

※ミサ中の共同祈願は中・港南地区担当。

※信者会館の清掃は名東地区担当。

 

<9:30のミサは終了後>

※堅信準備講座(信者会館2F司祭室2号室)

※日曜学校(1~3号室)

※共助会総会(5号室)

※コーヒーサービス(コムニタスホール)

<18:00のミサはタガログ語ミサです。>

 

 

2018年5月6日   復活節第6主日  世界広報の日献金・一粒会の日献金・建設修繕積立献金

※9:30のミサは、子どもと共に祈るミサです。

※ミサの進行係はボーイスカウト担当。

※信者会館の清掃は千種地区担当。

 

<9:30のミサは終了後>

※堅信準備講座(信者会館2F司祭室2号室)

※日曜学校(1~3号室)

※東,名東地区(小聖堂)

※北地区(4号室)

※千種地区(5号室) ※天白地区(和室・西)

※東春地区(和室・東)

※中・港南地区(コムニタスホール)

※バザー実行委員会(和室西・東 13:00〜)

※コーヒーセルフサービス(コムニタスホール)

<18:00のミサは英語ミサです。>

 

 

2018年5月6日   初金曜日

※ミサの時間 7:00,10:00

10:00は信者会館2F聖マリア小聖堂

18:30のミサはありません

※主税町記念聖堂初金ミサ 10:00

2018年4月29日   復活節第5主日 建設修繕積立献金

※ミサ中の共同祈願は東地区担当。

※信者会館の清掃は東春地区担当。

 

<9:30のミサは終了後>

※堅信準備講座(信者会館2F司祭室2号室)

※日曜学校(1−3号室)

※高年会(コムニタスホール)

<18:00のミサはタガログ語ミサです。>

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月20日(日)聖霊降臨の主日に「城北ブロック合同堅信式」をカトリック五反城教会にて行います。受堅希望の方は教会事務所にお申し込みのうえ、下記4回の準備講座に必ずご出席ください。

中学生以上の受洗者が対象となります。

堅信準備講座

4月22,29,5月6,13日の4回

9:30のミサ後〜 布池教会信者会館2F

堅信式

5月20日(日)9:00〜 カトリック五反城教会

2018年4月22日   復活節第4主日 建設修繕積立献金

※ミサ中の共同祈願は天白地区担当。

※信者会館の清掃は北地区担当。

※合同清掃

 

<9:30のミサは終了後>

※信者総会(コムニタスホール)

※堅信準備講座(信者会館2F司祭室1号室)

※日曜学校(1−3号室)

※福信館ホームレス炊き出し支援バザー

東駐車場10:00〜14:00

<18:00のミサは英語ミサです。>

 

 

2018年4月15日   復活節第3主日 建設修繕積立献金・愛の献金

※ミサ中の共同祈願は名東地区担当。

※信者会館の清掃は西・尾西地区担当。

※共助会定例役員会(図書室8:30〜)

 

<9:30のミサは終了後>

※日曜学校(1−3号室)

※運営委員会(4・5号室)

※コーヒーサービス(コムニタスホール)

<18:00のミサは日本語ミサです。>

 

2018年4月8日   復活節第2主日・神のいつくしみの主日  信徒協献金・建設修繕積立献金

※ミサ中の共同祈願は千種地区担当。

※信者会館の清掃は中・港南地区担当。

 

<9:30のミサは終了後>

※日曜学校(1−3号室)

※コーヒーサービス(コムニタスホール)

<18:00のミサはタガログ語ミサです。>

 

2018年4月6日   初金曜日

※ミサの時間 7:00,10:00,18:30

10:00,18:30は信者会館2F聖マリア小聖堂

※主税町記念聖堂初金ミサ 10:00

 

布池だより 2018年 4月号 巻頭言

 

「わたしは復活であり、命である」

フランシスコ・ザビエル 平田豊彦

少し前になるがデイヴィッド・グレゴリー著の「ミステリー・ディナー」という作品を読んだことがある。その本では、子どもの時から熱心に教会に通っていた主人公ニックが、ある時期からぱたっと教会との縁が切れると同時に神様との関係もなくしてしまった青年の話である。どこにでもある青年層の教会離れの話で、特に取り立てる程のものでもないように思えるが、それが信仰の本質を問うているとすれば他人事として放っておくわけにはいかない。
その本の中でニックは教会に通い、日曜学校や青年会等の教会活動に積極的に参加してきたけど、自分の人生は非信者の人と何ら変わるものでもない。果たして教会が言ってきたことは正しかったのだろうかと、教会に対する不信感を募らせるだけではなかったのかと過去の教会を通して築いてきたものを否定していた。そんな折に、差出人不明の一通の手紙「ナザレのイエスとの食事会」への招待状を手にする。年末という時節柄、職場の仲間からのからかい事と当初は受け流していたが、期日が迫ってくる中で、食事会の会場へと向かうこととなった。そこで知らない人の食事に呼ばれ、ともに会話を交わしていくうちに、話題が宗教、信仰の話に移り、過去のいきさつをしゃべらされていくうち気乗りしてなかった食事会も楽しいひと時となり、時の過ぎるのも感じないまま食事の最後をむかえた。最後のあいさつをして食事を共にした人から裏に黙示録3,20とだけ書いてある名刺をもらい別れることとなった。帰宅して聖書でその個所を開けると「わたした戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者がいれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。」というイエスのことばがあった。
この本でイエスとの食事会に招待されて食事をしているうちに、次第にテーブルに居合わせた客(実は招待主のイエス)と宗教談議に花を咲かせている主人公は、丁度エマオへ向かう弟子達が旅人に扮する復活したイエスに気づかずに共に旅をし、食事をするうちに、心も目を開かれてその旅人が主イエスであることに気づくエピソードがだぶってくる。食事会に招かれたニックも食事をしながら信仰談議に熱が入り、次第に狭い信仰観から解き放たれていきました。そこに共通していたことはそこにいたのが復活した主イエスであったこと、そして主と共にいた時には会話を通して心が燃えていたことでした。
今、私たちは主イエスの復活を祝っています。そこで私たちが確認したいことは復活したイエスが私たちの前に様々な形で現れて、私たちの頑なになってしまった信仰をほぐし、永遠のいのちに相応しく招かれていくように私たちのもとに来られていることに気づいていくことだと思います。

 

2018年4月1日   復活の主日  建設修繕積立献金・一粒会の日献金

※ミサは7:00・9:30・18:00の3回です。

※信者会館の清掃は東地区担当。

※布池だより4月号発行。

<9:30のミサ終了後>

※主の復活と受洗の祝賀会、

フェルディ神父様・狩浦神父様送別会(コムニタスホール)

※バザー実行委員会(13:00~和室西・東)

<18:00のミサは英語ミサです。>

 

2018年3月31日   聖土曜日

※復活徹夜ミサ(ミサ中に洗礼入信式)18:30

 

2018年3月30日   聖金曜日 大斎・小斎

※十字架の道行の祈り 15:00

※主の受難の典礼(ミサ形式ではありません)18:30

 

2018年3月29日   聖木曜日

※主の晩餐の夕べのミサ(ミサ中に洗足式)18:30

※聖木曜日のミサ後、聖体礼拝を行います。

 

2018年3月28日   水曜日

※聖香油ミサ(司教・司祭団共同司式)10:30

 

 

2018年3月25日   受難の主日・枝の主日  四旬節愛の献金・建設修繕積立献金

※ミサ中の共同祈願は東春地区担当。

※信者会館の清掃は天白地区担当。

※復活祭前の小黙想会 岩崎一二三神父様

9:30 →枝の行列、ミサ中黙想説教

ミサ後  →共同回心式(ミサ中も告解できます)

※子供のミサ・黙想会(信者会館2F聖マリア小聖堂)

 

<9:30のミサは終了後>

※日曜学校(1−3号室)

<18:00のミサは英語ミサです。>

 

2018年3月23日   金曜日

※十字架の道行の祈り(18:30~大聖堂)

 

2018年3月21日   水・祝

※司教・司祭叙階、修道者・奉献生活者の金銀祝

野村純一司教叙階25周年

14:00〜17:00 大聖堂及び地下ホール